thirty-RIPのBLOG


by rip30x
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:音楽な話( 61 )

ひと~Live

http://blogs.yahoo.co.jp/thirtyrip_mkjune

とりあえず、ここ。
[PR]
by rip30x | 2013-06-20 08:32 | 音楽な話

R.I.P.

シンフオ ノ シデ ヲ キク 独男

想い続けていれば
いつかはゆめが かなう


曖昧に飾った 言葉なら いらない


ときのうつろいゆく
そのすがたは
儚く 美しく

Time

After

Time


キをみてせざるは
ユウキなし


R.I.P.
お疲れさまでした



・・・

なんか随分寝た気がするな

BGM:いつも

いつまでも

This is two life.



シンフオかあ

いい買い物したわ

ほんとだ



しずかな なつの ひるさがり

かせきさいだあ

のみたいな



さ、いくか

でもどこへ
いったいどこへ

まぁいいか

Naturalに

かぜのむくまま

きのむくまま

Naturalに

more
[PR]
by rip30x | 2013-06-03 14:59 | 音楽な話

MY FC EVENT

SETLIST

1.GROW~
2.ぱずる
3.未来きす
4.たつみ
5.♪うぇいうぇい
6.いつかは夢がかなう
7.立ち上がれ!
8.かせきさいだぁ - しゅわ~

<encore>
1.いつもkocoroni
2.キをみてせざるはユウキなし


<とぴ>
・英語 3 week
・抽選会
・Surprise!!!→手渡しcandle
・Re:sutora
・完全犯罪 - 愉快犯


。。。ってか、なんで俺こんなこと知ってるんだ W
[PR]
by rip30x | 2013-06-02 01:25 | 音楽な話

more light sideとsyrup 16g

more light side、もうすぐライブですね(10/29)。
で、前から書こうと思っていたmore light sideとsyrup 16gについて。

(more light sideを)初めて聴いて、
「syrup 16gをいくらかポジティブにしたような感じだな」なんていう
思いも抱いてました。
でも、いくらかポジティブ、っていうのが、「いま」を感じさせる音だな
っていう気がします。
頑張ってください。
[PR]
by rip30x | 2009-10-26 20:42 | 音楽な話

PERSONZ - RomanEsque-HeartAche

昨年の11月頃、オタカラ的な店で見つけたのです。
PERSONZの12インチ アナログシングルの
「RomanEsque-HeartAche」。

すごい珍しいと思いながら、手にとって見ると…

あれ、CDシングルより1曲多いぞ。
しかも、その曲は聴いたことがないぞ。

ってことで、CDシングルの方は元々持ってるけど
買っちゃいました。300円(税抜き)也。
b0003046_0263742.jpg

で、その1曲というのが「Time Travelar」という曲でした。
この曲、この12インチアナログにしか入ってないのかなー
って調べてみると

実は、テイチクから出ている2枚組とか3枚組のベスト盤に入っているんですね。


でも…

テイチク時代(本田さんが一旦脱退するまでの時代ですね)の
PERSONZのCDは全部持っているから
その1曲のためにベスト盤を買うことはないだろうし。

そう思うと、発見できたのはとてもラッキーだったんだなぁ。


その「Time Travelar」、やはりギターは本田さんらしさが満載でした。
ソロの途中、ちょっとリッチーっぽいフレーズもあったりしたけど(笑)
[PR]
by rip30x | 2009-03-21 00:48 | 音楽な話

倉木麻衣 - FUSE OF LOVE

さる女性がきっかけで聴き始めたんですけど
倉木麻衣、実は結構好きだったりしたんです。
歌うまいし、かわいいものね。
千葉出身だし。

今BOOK OFFとか見てみると
1stから4thのアルバムはよく見かけます。
初期の頃はそうとう売れたんだろうねぇ。
TVにはほとんどといっていいほど出なかったにも関わらず。

とはいってもデビューして一年くらいかな
スカパーで番組(15分ほど)持っていたんですね。
結構見たりしてました(^^;)


でも、初期の頃はリズムというかノリが難しい曲が多かった気がします。
たとえ、音程が合っていたとしても、なんか自分は歌えてないなぁ
とか思うことも結構あって。
「STAND UP」のイントロのギターなんて
コードは合っていたとしても、あのノリがなんか全然でなかったりしたし。
たぶん、R&B色が割と濃くて、ハネたリズムが多かったせいなのかな。


で、5th以降のアルバムはあんまり見かけないけど
(まぁ新譜に近くなってきているから、値段高いのは
 そこそこ見かけたりするけど)
昨年秋に、珍しく安いのをBOOK OFFで見かけたんで
5thアルバムの「FUSE OF LOVE」買ってしまいました。

FUSE OF LOVE

倉木麻衣 / GIZA studio


以前に比べ、リズムが難しくなくなった気がします。
R&Bというより、歌謡曲に近くなったせいなのかな。
[PR]
by rip30x | 2009-01-25 21:54 | 音楽な話
あ、気がつくともう1ヶ月経ってしまったのか…
しかも年越したから、去年の話になってしまいますね。

昨年のクリスマスイブの日は、a qui avec Gabrielさんと
サラ・テ・ロロコさん両名の対バンライブがあったので
横浜は白楽のnolla cafeまで観に行きました。

渋谷経由で行ったので、行く前に渋谷にある月箱にもよって、
はなやら(ほんじょう)さんが出品していたポストカードを
物色し、3枚ほど購入しました。


ライブ開始に間に合うかなと思ってたのですが
思ってたより時間がかかり、nolla cafeに着いたら
サラ・テ・ロロコさんのライブは既に始まってました。。。
でも半分以上は観れたのでよかったかな。

以前、エサシカユコさんと対バンしたり、ユコさんのイベントに
出たり、ロロコさん自身が企画したイベント(Ro-mioさんも出演)を
観に行ったことがあったりと、何回かロロコさんのライブは
観たことがありました。
ただ、もう数年前になってしまいましたが。
ラストに演奏した「捕らえられた魚」を聴いていて、
当時、ライブで聴いていたなと、その頃のことを思い出してしまいました。
でも、以前よりボサノバっぽい雰囲気は少なくなったなぁ
と感じました。
クリスマスソングが一番ボサノバっぽかったかな。

a quiさんのライブは、midoriyamaさんと対バンしたとき以来だから
数ヶ月ぶりかしら。
アコーディオンだけじゃなく結構ハミングしてたのが印象的でした。


お2人のライブが終わった後に、2人でセッション。
最初は2人でアカペラ。
このアカペラは即興だったそうです。凄い!
そして、a quiさんのアコーディオンと共にロロコさんの曲「三秒後」を演奏。
こういうユニットあるよなぁ、なんて思える位に息の合った
演奏で素晴らしかったです。


で、nolla cafeってmidoriyamaさんの友人がオーナー
という話だったんですけど、来てみてそれが分かりました。
だって、midoriyamaさんのライブで知り合った方だったんですもの。
ちょっとびっくりしました。


そしてライブ終わって、せっかく白楽来たんだから
「葉隠」でとんこつラーメンを食べました。
前一度食べたことがあるんですけど、その時とはちょっと
違う場所にあって(移転したようです)、味も以前より
薄味になった気がしました。
結構ながんこ親父だったと思うけど、以前より丸くなったのかしら。
値引きサービスがあったり、関東人に合わせたのか
味もマイルドになった気がしたし。
ばりばり濃厚なとんこつラーメンを食いたかったのに。。。

というクリスマスイブでございました。
[PR]
by rip30x | 2009-01-24 23:33 | 音楽な話

ジャンル

thirty-RIPを始めてそこそこ経ちますが、
どういうジャンルといえばいいか
ちょっと悩むところです。

フュージョン、といわれたこともあります。
まぁ、フュージョン集まりのイベントに出たこともありますし、
幾つかの音楽の融合(フュージョン)、という意味でも
それなりに当たっていると思いますし。

あるライブハウスの方からはエレクトロニカ、といわれたこともあります。
シーケンサーとかでミニマルなフレーズをシーケンスさせたりしてるからかな。

ポストロックの筆頭、mogwaiを引き合いに出されたこともありました。
インストでちょっと変則的なコードで歪ませて16分のコードカッティングを
続けたりするところとかが近いイメージなのかも(moreという曲とかね)。
ライブ後に「mogwai好きですか」なんて聞かれたりもして。
結局mogwaiは、まだあんまり聴いてないんですけどね。
まぁそれに近いmonoは好きでよく聴いてます。
昔はライブにも結構行ってました。

プログレ、って言われたのが一番多かったかな。
曲の構成が結構変則的で、よくある歌のようにAメロ、Bメロ、サビ
なんていう構成をほとんどとってなかったりするのもあるのかな。
そういえばmonoもプログレっぽくいわれたことがあったような気がする。


で、自分では音響、というのが一番近いのかな、と思ったりしてますが
感性、センスで勝負したりもしてるかと思うのでNew Waveというのも
それなりに当てはまるかなーなんて思ったり。。。
New Waveのバンドには随分影響されてきたこともありますし。


まぁ結局のところインストはインストなんですけどね(笑)
[PR]
by rip30x | 2008-12-19 23:04 | 音楽な話

NANAMIライブ in 西千葉ZX

昨日は、NANAMIのワンマンライブを観に、西千葉ZXへ行きました。
無料ワンマンライブ、ってこともあってか
学校帰りの高校生が結構いっぱいいたなぁ。。。
制服のまんまライブハウスに来てるんだもん。

そんなことも想定してなのか、ドリンクはソフトドリンクがメインのようでした。


まずはアコースティック編成でのライブを30分ほど。
ギターはアコギで、ドラマーはカホンを叩いてました。
このカホンの音がちょっと不思議だったなぁ。
面の真ん中を叩いたときは、バスドラっぽい音がして
箱の縁を叩いたときは、スネアのリムショットみたいな音がしてたもの。
あれ、これカホンの音?打ち込みなの?なんて最初思ったり…(失礼!)
カホンのなかにマイク突っ込んでいるんだろうか?
不思議でした。
そういえば、カホンの音って、アコースティックなライブハウスでしか
聴いたことがないや。
そのときは大体そのまま生音を聴いてたりしたような気がする。
そして、ベースとキーボードはバンドのときと同じエレクトリック。

で、アコースティックタイムでは2曲ほどカバーも披露。
MR.BIGの「TO BE WITH YOU」を演ってくれたのがよかったです。
この曲はたぶん彼ら(MR.BIG)の最大のヒット曲だと思います。
とはいっても、もう十何年も前の話だなぁ。。。
ただ、アコギでのギターソロはやって欲しかったなぁ。
そんなに難しくないし、情感がこもっているソロだから。

で、その後休憩をはさんでバンドでの演奏。

スケールアップしてて、歌もうまくなってましたねー
久々に演った、というデストロイ(かな?)がかっこよかったです。
新曲の「ママチャリ」は、ちょっとユニークな曲かな。
この曲では、ギターにはワウ使って欲しかったな。
「クゥワー、ココクゥワー」なんて音がハマりそうで。


ちょっと気になったのが、ZXの出音。
NANAMIさんがシャウトしたとき、時々ですが耳がつーんとなる
感じがしたもの。
ああいう音だったかしら?
バンド全体での演奏の音はそんなに大きくなかったんですけどね。

そういえば、小さい子供もいました。(無論、親子連れです)
音はそんなに大きくないとはいえ、あんな小さい子供に
あんな音量で聞かせて大丈夫なんだろうか?
アコースティックなライブハウスのハコなら、まだわかるんだけどね。
とはいっても、結構平気そうでした。
あの子らは、Rockなひとに育つんかな。
[PR]
by rip30x | 2008-11-06 23:58 | 音楽な話
もう先週(先月ともいうかな)のことになりますが
先週の水曜(10/29)は、Thousands Birdies' Legsのライブを
観に吉祥寺のSTAR PINE'S CAFEへ行きました。

その日にあっ、そういえば今日ライブじゃなかったっけ、と思い出し
それに、吉祥寺のDISK UNIONにも行ってみたいし
何年も吉祥寺には行ってないし、ってことで行ってきました。

Thousands Birdies' Legsというバンドはちょっとジャジーな感じの
五人編成のバンドで、Voが寺尾紗穂さんです。
実は、寺尾紗穂さんのセカンドソロアルバム「御身」にワタクシ
参加させてもらったのです、最後の曲で。(もちろんギターで)
で、寺尾さんからこの日のライブにお誘い頂いてたんですね。
寺尾さんのソロライブはチケット早めに完売しちゃうそうで
なかなか観れないらしい…

そもそもは3年半ほど前、日吉Napに出演したとき、寺尾さんがソロで
対バンだったのがきっかけなんですが。


で、STAR PINE'S CAFEについて並んで順番待ちしていたら
自分の直前に都守美世さんがいてびっくり!
会うかもしれないとは思ってましたが、こんなタイミングいいところで会うなんてね。
都守さんは、詩、絵、彫刻、映像など色々やっている
マルチなアーティストです。
寺尾さんの曲にも詞を提供してます。
が、今は彫刻メインらしい。

そして、中に入ってちょこっと歩いていたら、寺尾さんのセカンドソロアルバムの
レコーディングのときお世話になったプロデューサーの方に会いました。
すぐ気づいてくれて、ありがたかったです。
一年半振りに会って、しかも会ったの数度しかないのに。


で、ライブなんですが、SAXとかチェロとかの生楽器があるせいでしょうか
音量は控えめで、落ち着いた感じの大人のコンサート、って感じでした。
曲調もジャズっぽい感じだったりしたしね。
お客さんはいっぱい、満員。

メンバー五人の他に、SAXやチェロや生ギターなどゲストが入れ替わり
立ち代り、といった感じでちょっと長丁場にもかかわらず
バリエーション豊かで飽きない構成でした。
ピアノとチェロなどの弦楽器のみの演奏で歌ったり、生ギターの演奏だけで
歌ったりなども。

最後は、この日出演した木蓮と共にそれぞれの持ち歌一曲ずつ演奏。

Thousands Birdies' Legs自体のライブはとても久々らしかった
ようですが、なんだか集大成、って感じがしました。
なーんていっても実はワタクシ、Thousands Birdies' Legsのライブを
観るのは初めてだったんですが(^^;)


一番印象に残った曲は、山谷に住んでいた人のことを歌った
「家なき人」という曲でした。
その山谷に住んでいた人と知り合ったのがきっかけで、この曲を書いたそう
ですが、その方はお亡くなりになったとのこと。合掌。


しかし寺尾さん、産後太りもなくスタイルよかったなぁ。
ワタクシも痩せないと。。。
そういえば、都守さんが
「昔、なるべくトマトだけにしてダイエット、なんていってたじゃないですかー」
なんていって、あれ、俺、都守さんにそんなこと
話したんだっけか、なんて。
いわれてみると、そういえば確かに二年位前かな、そんなこと
やって減量してたんだっけ。
(トマト、っていうのは矢吹丈の影響です(^^;))
先日の葬儀のときもそうだったけど、最近物忘れが激しいみたい。。。

なんて話をしてたりもしたのに、帰りラーメン食べてしまいました。
ホープ軒本舗のラーメン。
ほんと久々に食べました。
うまかったけど、量がちょっと多かったみたい。(ちなみに並です)
胃が小さくなったかなぁ。

---------------------------------------------------------------------------
(個人メモ)

 SAXっぽい雰囲気のトーン出すには、Wahとピッチシフター(3度上とか?)
 とリバーブをうまく使えば出せるかなぁ。そのうち試してみよ。
[PR]
by rip30x | 2008-11-05 23:09 | 音楽な話