thirty-RIPのBLOG


by rip30x
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:つぶやき( 18 )

ぼくはひとり

ぼくはひとりのようでいて

ひとりじゃない



でもやっぱり

ぼくはひとり
[PR]
by rip30x | 2013-06-03 16:04 | つぶやき

BGM:Beautiful

Golfであれ Bowlingであれ
真剣に闘う オトナの女性は

この上なく みな美しい
[PR]
by rip30x | 2013-06-03 16:03 | つぶやき

知性と感性

この二つは一見相反するように思える。
けど、知性を磨くことにより
ある事象をキャッチする感性が磨かれていく気がするし
感性を磨くことにより
ある物事をより深く理解できてくる
それぞれ相互作用がある、そんな気がします近頃。

「あばたもえくぼ」とか
野球なら「打者の苦手な球は、絶好球のそば」とか
一歩間違うと台無しになる可能性もなくはないですけど。

ん?

何か違う?

まぁ、いいぢゃないですか。



リアルな現実 本気の現実
LIAR DANCE

--- 転 ---

なんとなくmixiとBlogの使い分けがわかってきた気がする。

mixiはTVやTELなどに似た一過性の連絡や発信、ひっそりとしたやりとり、
または、Blogの下書き。
Blogは新聞のスクラップや書籍、ビデオなどに似た、自身の思考などの蓄積。

っていう風に使い分ければいいのかな。
[PR]
by rip30x | 2009-09-16 21:05 | つぶやき
朝、たまたまTVの報道番組を見たのですが、昨日のプロ野球は
そうとう面白いことがあったんですね。


 (1)ツーアウトからのホームスチール成功
     なんというか、それなりに成功しそうな理由、理屈と
     それがうまくいきそうだから決行する、という監督の大胆な読みと判断、決断力、
     というか勝負師としての勘、とでもいうんでしょうか。
     ホントにあっぱれ、というか見事だな、と思いました。

     その成功しそうだと思う理由というのが

        ・左ピッチャーで、三塁ランナーは背中越しになっており、かつ
         ピッチャーは二塁ランナーしか気にしてないようだったこと。

        ・三塁ランナーは大して足の速い選手ではなく、スチールに皆
         無警戒だったこと。

        ・ツーアウトで、しかもバッターがピッチャーでもあり(これはあんまり関係ないかな?)、
         ここでさすがにスチールはないだろうと、これまた皆無警戒だったこと。

      だそうです。
      これらの解説をしたのは、元巨人軍の張本さんでしたが、
      さすがだなと思いました。

      どっかの野球漫画とかに出てきそうな話ですが、現実にあるんですね。
      「現実は小説より奇なり」とは、よくいったものです。


 (2)ダルビッシュ有、指を負傷しながらも完投勝利
     ダルビッシュ有が昨日投げたそうですが、どうやら親指を負傷していたそうです。
     でも彼は投げきり、完投勝利しました。
     しかもそれが、単なる根性・執念のみで勝った、というのではなく
     親指にあまり負担のかからないような投げ方で、変化球主体にし
     それで最終回までいけるだろう、という見通しを立て、それを自身で信じて
     貫く、というのがこれまた見事。

     とはいえ、それでも投げるときには痛んだろうに、それを一切表に出さなかった
     というのもさすがです。
     もちろん根性もあるんでしょうが、それだけでなく上記のようなバックボーン(見通し)が
     あったからこそ、彼は踏ん張れた、耐えられたんじゃないかと思います。
     そこが、凄いいいなと思いました。


 (3)河原のピーゴロ
     河原って、元巨人軍だったんですね。
     で、どうやら一年ほど浪人していたそうです。
     それが久々表舞台に戻ってきた、って感じらしいです。

     で、ある回に一塁側のピッチャーゴロで打ち取った、と思ったら
     ボールをグラブではじいてしまいました。
     ラインを越えてしまって、ピッチャーのエラーになるかな
     と思ったら、ピッチャーの方へボールが転がっていきました。
     そして河原は、そのボールをキャッチし、自ら一塁ベースを踏み
     アウトにしました。

     アウトにできたのは偶然だったとしても、ピッチャーのスタートダッシュが
     遅れていたら、ボールでグラブをはじくこともなかったそうです。
     そのスタートダッシュがよかったのは、きっと日々の練習のたまもの
     だったんでしょうね。
     「人事を尽くして天命を待つ」っていう感じでしょうか。


なんかそういうのがあると、野球っていうのは面白いなと思います。


話変わって、いま政界も揺れ動いているようですね。
各人のコメントを聞くと、身に沁みたりなんとなく実感したりしました。
一番いいコメントしてたのが、写真家の浅井慎平さん。
彼はその昔、「クイズ ヒントでピント」でただひとりズハっと正解を出してたりしてましたね。
[PR]
by rip30x | 2009-07-19 10:08 | つぶやき
そんな大層なものでもないですけどね…

昔バンドをやっていたときにバンド名のひとつとして考えた名前だと
いうことは、JIVEに掲載されたとき表明したのですが
(まだみてない方はHPの「Disc&Paper」をチェックしてみてください)
どうやって思いついたか、ということについて
書いてみます。

といってもそんな大した話じゃないですが。

ワタクシ、dipというバンドがとても好きで
またbloodthirsty butchersも好きで
バンド名考えてるときに、このふたつのバンド名を
ちょっと拝借してみようと(たまたま)思いついたのです。

で、まんま拝借というのもなんなんで
butchersからはthirstyを拝借してちょっと変えてthirty
dipは短いので丸々拝借してちょっと変えてRIP
そしてこのふたつをくっつけてできたのが
thirty-RIPという名です。

あ、thirtyは英小文字、RIPは英大文字、間に「-(ハイフン)」を
入れるのは個人的なこだわりです(^^;)


このとき、バンド名は各々2つずつ考えてこよう、という話になって
もういっこ考えたはずなんですが、もういっこは忘れてしまった。。。
でもthirty-RIPという名は覚えていて
ソロ活動始めるときにふと思い出して
じゃ、この名前を使おう、ってことでthirty-RIPという名を
使い始めたのです。


ん?バンド名つけたときthirty-RIPという名になってないかって?
なってないんですね。その名前は落選しました。
そのときのバンドメンバ4人の投票で決まった名前は
カレイドスコープ、という名です。
(後々知ったのですが、カレイドスコープっていう名のバンドは
 存在してたのですね。。。)


まぁそのとき落選したから、特にためらいもなく
thirty-RIPという名を使えたかなと思うので
結果としてよかったのかな。
[PR]
by rip30x | 2008-12-20 10:30 | つぶやき

遅くなりましたが

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

これもいつまで続けられるのか分からないけど
やれるところまではなんとか。
[PR]
by rip30x | 2007-01-07 12:30 | つぶやき

想像力

今日、ラジオでたまたま聞いたのですが、想像力の豊かな人の方が
長生きできるそうです。

何かするにしても、ある程度のストーリー、イメージを描いてから
実行していくのがよいそうなんだけど、最近はそのイメージ力とかが
結構落ちちゃっているようで(自分は)
変に悪い方向に考えがちになっているみたい。
大概はそのイメージ通りいく訳でもないから、もし違ったら違ったで
別の方向性で考え直して、イメージし直して軌道修正していけば
いいんだろうけど、春頃はそれなりに考えることもできたんだけど
最近はなんだか・・・

その辺がある程度うまくできると、人間力が高くなる、といえると思うけど。

想像、といえば結構自分は昔から妄想壁はあるみたい、です。
小さい頃なんか、刑事ドラマをみた夜、寝てからトイレ行きたくなって
夜中に目覚めトイレに行くが、トイレの電気点けてから中に入るまで
時間がかかりました。
何故って、トイレのドアを開けるとそこには凶悪犯が待ち構えているんじゃ
ないか、って想像してしまっていたからです。
ドアを開けるのにしばらく躊躇してしまって。。。

今でもやっぱり変な自意識過剰な面はありますね、職場とかで。
周りはそこまで気にはしてない、となるべく思おうとするよう
考えても、長年の思考パターンなのか資質なのか、なかなか
難しいです。なんか気にしてしまう。
[PR]
by rip30x | 2006-11-13 00:16 | つぶやき

サボテンの心

4年ほど前、さる事があったときに親がくれたサボテンです。
週一位で水をやれば大丈夫だよといわれ、ほぼそのペースで水をやってます。
その他、2年ほど前に土が少なくなったので足した位かな。
b0003046_23294138.jpg
写真は今年の夏位のです。去年もこんな感じに花(?)のようなのが
出てきました。
その前は全然なかったのだけど。
去年は結婚式に行った時にもらった花がそばにあって、それに反応
したからかな、などと思ったりしてましたが(笑)

「サボテンの心」という曲が辻仁成の曲であるのです。
辻仁成は、「冷静と情熱のあいだ」の原作とか
結構前になるけど連ドラの「愛をください」の脚本とかで有名かと
思います。(中山美穂との云々はさておき・・・)

でもこれはそれより大分前、ECHOESというバンドを解散した翌年位の曲です。

-身を守るために はやした棘のせいで
 大切な人たちを 遠ざけてしまう
 星が灯る空を見上げて サボテンは今日もひとり-

というような、ヤマアラシのジレンマみたいなことを感じさせたり。

あ、そういえばドラマの「愛をください」のなかで伊藤英明も歌っていたなぁ
わざとじゃないかと思うくらい、この曲ヘタだった気がするけど(ファンの方すいません…)

連ドラってあんまりみないし、ほとんどチェックしないけど(だから凄い疎いですよ(^^;))
このドラマだけは、みれそうもないときは録画しておくなどして
見逃したときは確かほとんどなかったです。(あっても一、二回位)
そんなのは初めてでした。
[PR]
by rip30x | 2005-10-23 23:32 | つぶやき

またちょっと戯言

そろそろ山を乗り切れるかも、と思ってたんですが
まだダメっぽそう、どうやら。
お知らせはもう少し先。
(なしになるかもしれない・・・)
[PR]
by rip30x | 2005-10-05 01:21 | つぶやき

ちょっと戯言

9/17のイベントも終了しました。
もうすぐ10月なんですね。
10月に入ったら、ちょっとお知らせします。
がその前に仕事の山が無事乗り切れるかどうかだな。。。

10月っていうと、そういえばZガンダムの第2部が公開されるのですね。
ついこの間1部をみた気がするが、早いなぁ。
また仕事帰りに5.1chの映画館で一人でみちゃる。

・・・「頭文字D」の映画も気にはなってるんですが。
榛名山で撮影してたりするのだろうか。。。
[PR]
by rip30x | 2005-09-29 01:18 | つぶやき