thirty-RIPのBLOG


by rip30x
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:暮らし( 58 )

朝早く

放置禁止区域に放置された自転車



警告のぴんくの紙をぺたぺた貼っていく
おじさんたちが、いた。

あとをつけて、少ししてから彼らは教えてくれた。


「これは罰金じゃない。放置自転車を処置するための
 必要経費なんだ」 と。


放置自転車を運んだり、時には潰したり
そのためには色々な人の力がいる。
色々な人たちの仕事が必要。
そのための経費。

それだったら、払わなくっちいけない。
払うべきだ。

それを払うのが嫌なひとは、もう自転車に乗らないことだ。


必要経費は払いたくないけど、自転車には乗りたい。
もし、そう思うなら
そのためには、自分は何をすればよいのか
何をしなければならないのか
何度も自問自答しなければならない。

そこをメンドくさがる奴は
もう人間じゃない。


諺にもあるでしょ

「人間は考える葦である」

って
[PR]
by rip30x | 2013-06-02 06:32 | 暮らし

「わん」と鳴かない犬

ある日、散歩をしていたときのこと。
スポーツセンターのよこを てくてくと
降りていくとある公園。

あるのはベンチだけ

あとはだだっぴろい野原があるだけ

そんな公園


うちからは、あるいても30分とかからないだろーに
きたことなかった

そんな公園


ぼくのほかには
犬を連れたひとが
ひとりだけ

犬ははなしがい
ぼくにきづいた飼い主は
ちょっとあわてたけれど
結局そのまんま

そして誰もいなくなった

そしたら


また別のひとが
犬をつれてやってきた。

また、はなしがい。


犬が遠くのほうから、こっちをみてる。
ぼくも、じっとみてる。

そしたら



急にゴロンゴロン

また、少したってゴロンゴロン


オモロー!

僕ははらをかかえて、わらった。

More
[PR]
by rip30x | 2013-06-01 07:41 | 暮らし

革命?革進?革新?

今日、たまたまサンデージャポン見たんですけど
なんか政界がますます面白くなっているような・・・

麻生総理、総選挙に向けて、いい決意と覚悟だ。
ホレました。
今までの選挙で自民党に入れたことがなかったと思うんですけど
今回は入れてみようかな、なんて思ってます。

それに小泉元首相も見事な引き際でした。
男だねぇ・・・


それと、東国原知事。
自分の身の回りで似たようなことが起こっている気がしてるからか
彼の意見、見解、意図が物凄く解って
凄く共感しました。

しかし、インタビューした角田弁護士、30代前半のようですが
若いねぇ、まだまだ。
青いよ。


これから、どうなっていくんだろう。
ちょっと、ワクワクします。
[PR]
by rip30x | 2009-07-26 10:40 | 暮らし

ウイルス

mixiはときたま更新してましたが、こっちは久しぶりだ。。。
一ヶ月半くらい?

今日PC DEPOに行ったら、入り口のところで
手の洗浄にご協力くださいというのがありました。

入店する前に、手の殺菌をするんだけれど
巷で騒がれている新型インフルエンザ
もうそこまでか、なんて気分にちょっとなってしまいました。

TVでも特集やってて、ちらっとみたけれど
前世紀(でいいのかな?)には
スペインかぜ、香港かぜとかが猛威をふるってましたね。
もっと前ならペストとか。


自分が生まれてちょっと後位にもなんかはやってたらしい。

いまこうして生きているってことは、そのときは平気だったけれど
今回はどうなるんだろう・・・


清志朗さんが亡くなったりと(合掌)、GWでも世間は動いているんですね。。。
[PR]
by rip30x | 2009-05-03 21:52 | 暮らし

初詣その2

1月2日は、家から歩いていける距離にある大神宮への初詣。
こちらは夕方くらい、でもまだ日が出ている頃に行ったのですが
やはりまだそこそこ人がいました。
でもほとんど待たず、せいぜい手のお清め直前と
お賽銭箱直前の2箇所で並んだくらいで、それも
それぞれ5分と待たずにお参りできました。

こちらでも、厄除けのお守りを買いました。

夜はヘキサゴンⅡの3時間スペシャルがあり
それを見てました。
羞恥心が歌うのは、これがひとまず最後のようなので
録画しちゃった。

1月3日は実家に行く途中の御滝不動尊へ。
夕方、というよりもう夜で真っ暗でしたが
神社の近くを通ったとき明かりが点いていたので
急遽お参りすることにしました。
さすがに人はほとんどいなかったです。
出店も片付けている最中でしたが、お祈りし
まだお守りを売ってましたので、こちらでも厄除けのお守りを買いました。
厄を切る、という意味がある刀型のお守り。

そして翌1月4日、この日は実家の近くの小さい神社へ
夜にちょっとお参りに行きました。
カップルか一組いた位でした。
もう時間も遅かったし、1月3日を過ぎていたせいもあったかもしれないけど
お守り、おみくじなどを売っている箇所は閉まっていました。
でもお参りできたからいいかな。


などという計4回、今年は初詣に行きました。
厄除けお守りは計3個。
これだけあれば、後厄だけど厄除けできるかな。
よろしくお願いします、神様。
[PR]
by rip30x | 2009-01-31 23:44 | 暮らし

初詣

ああ、もうそろそろ1ヶ月経ってしまうのね。。。
昨年は体調面でぜんぜん行けなかったので
今年の正月は結構初詣に行きました。

元旦は明治神宮へ行きました。
何年か前、カウントダウンライブに出演した年
午前9時くらいに行ったら、がらすきだったのを思い出し
午前中なら空いているだろうと思っていたので
なんとか午前中に着くように行こうと考えたのですが、

着いたのは午前11時過ぎになってしまい
駅で結構な人だかりだったので
「あー時間かかるかな」なんて思っていたのですが
進んでみると、以外とすいすいいけてしまい
並んだのは、お賽銭箱手前くらいで
それも5分と待ちませんでした。

午前中だとやっぱり空いていましたね。

で、今年は厄除けのお守りを買いました。

元旦の夜はレッドカーペットのスペシャルを見ました。
トータルテンボスは電気店店員とお客のネタをやってましたが
コント冒頭、ボンバーヘッドの方のお客が店にきた瞬間にもうひとりが
「ああ、お客様すみません!当店で買われたドライヤーの
 クレームでございますか」のくだりには
大爆笑してしまいました。うまいよ!
それと、たむけん&世界のナベアツのコラボカーペットが面白かったです。
たむけんが中笑い、小笑いをかつてとってたから
面白いネタになってましたね。

(2日以降はその2に続きます…)
[PR]
by rip30x | 2009-01-31 23:27 | 暮らし

四十九日が過ぎて…

先週末、祖母の四十九日の法要がありました。
実家へ行ってから、市原の方の墓地へ車で移動。
ちっちゃい甥っ子も一人乗っけての運転。

お墓は祖父と同じところ。
おじいちゃんと一緒に安らかに眠ってください、おばあちゃん。

喪中のお知らせハガキは今週出し終わりました。


えーと、実はワタクシ、今年厄年なんです。
でもおばあちゃんが厄をもっていってくれたのかな、なんて思っていて
そんなことを一つ年下で前厄のいとこと話したりしました。


で、実家では甥っ子三人集まったところに
久々に居合わせることができ、甥っ子たちと結構遊びました。
楽しかったなぁ。
小さい子は可愛いね。
b0003046_11465951.jpg
小さい甥っ子たちはアンパンマンが大好きなようです。
アンパンマンの絵をちょっと練習してみて、
多少なりとも書けるようになりました(笑)
絵描き歌っぽく書くと結構書けるみたいね。

しかし、せっかく書いても、その上から鉛筆で塗りつぶして
「ヤッター」なんて喜んでいるの…
う~ん、ちとよくわからん。


ちょっと話ははずれてしまいますが
四十九日が過ぎたということもあり、とても久々にライブをやることにしました。
12/23(祝)に池尻大橋ROCKER ROOMでやります。
ちょこっと新しい試みにもチャレンジしたいと思ってます。
BLOGペーパー版も新しいのを久々に作りますよ。
クリスマスイブイブですが、よかったらぜひ、観に来てください。
[PR]
by rip30x | 2008-12-14 11:36 | 暮らし
実は先週、祖母が亡くなりました。
留守番電話で知りました。
享年九十二歳。
その日は元気だったようなのに、突然の死。

先週末は通夜や告別式があり、実家に行ったり
会場に行ったりして、なんだかちょっとバタバタとしていましたが
初七日を過ぎた今、落ち着きました。

おばあちゃんで一番印象に残っているのが
子供の頃、おばあちゃんのいるいとこの家に遊びにいくたびに
車のプラモデルを作っているとき
「みっちゃんは、こしらえるの好きだね。今度は何を作っているんだい」
と語りかけてくる姿です。
(注:こしらえる、とは作るという意味の方言?のようです)

米寿のお祝いもしたんだけど、子供の頃のときとそのときと姿があんまり
変わらなくて、若いよなぁなんて思ってたりしました。

その子供の頃、おばあちゃんの家でよく一緒に遊んだいとこは
今は家庭を持っていて、通夜の夜はじめてそのいとこの家に行きました。
が、通夜で飲んでで、更にそこでも飲んだせいか
翌朝気持ち悪かった。。。

そのいとこは子供の頃のことをよく覚えてて
ワタクシが色々と自慢したり、バカにしたりしてたそうです。
漫画を書いたとき、いとこの絵を見てどうしていつも肩がないの、とか
自分の書いた絵が雑誌に載ったことを自慢したり。
そんなことあったっけ?なんてことも克明に覚えてました。
ヤな奴だな、最低だ、俺って。。。(笑)

まぁ、今となっては笑い話で済ませられるようですが
結構根に持ってたみたいね。
でもなんだかんだいって結構涙流しながら笑ってました、自分。
いとこの子供にも結構うけてたようで。


あ、亡くなったのは母方の祖母ですが、通夜の日実家にいってみると
母親は落ち着いた様子でしたが、遺体を前にしたとき
取り乱しそうになるのをこらえる姿が凄く印象的でした。


どうか安らかにお眠りください、おばあちゃん。



と、いうことなので来年は新年のご挨拶は控えさせていただくことに
なるかと思います。
よろしくお願いします。
[PR]
by rip30x | 2008-10-31 00:17 | 暮らし

日本語というものは…

また、地域新聞から拾ってきたネタですが
日本語というものについて。

「最近の若い者の言葉使いは…」なんてよくいいますよね。
俺らの若いときもいわれていたと思う。
でも、こういった日本語の乱れっていうのは
昔からずっと続いているものなんだそう。

昔々にさかのぼると、あの徒然草を書いた吉田兼好や
枕草子を書いた清少納言なんかも「最近の言葉は…」なんて
嘆いていたそうです。
特に、清少納言は「ら」抜き言葉ならぬ、「と」抜き言葉に
なってきていることを嘆いていたそう。
そんな昔っからなんですね。

でもこれは、日本語が生きている証だということみたいです。
生き続けているから、変化し続けているんですね。
その見方はなんかいいなぁ、と思いました。
[PR]
by rip30x | 2008-10-22 23:45 | 暮らし

お彼岸って

一時期、読まずに捨ててしまってたこともありましたが
最近またときどき地域新聞読んでたりします。
無料で配達されるんだけど、ときに「へぇー」などということが
書いてあるのです。
(ゴキブリという名は元々は「御器かぶり」からきている、とか)

んで、季節はずれではありますが、今回はお彼岸について書かれていたことを。

お彼岸は、春分の日、秋分の日を中心にした前後三日間であることは
ご存知だと思いますが
春分の日や秋分の日は真西に太陽が沈む日で
真西には極楽浄土があるという説から、お彼岸に先祖の霊を
供養するならわしになったそうです。

なんか自分のメモみたいだけど、こうして書いておくと
結構忘れなかったりする。


※季節外れなのは、読んでいる時期が遅くなっているからです。。。
 配られたときは、ほんとはタイムリーな話だったんです。
[PR]
by rip30x | 2008-10-18 09:19 | 暮らし