thirty-RIPのBLOG


by rip30x
カレンダー

<   2005年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ぎっくり腰になった人が、医者から薬を処方され、それでよくなった
ようですが、医者から誰でもなる可能性はありますよ、といわれた、
だからいつなるかわからないよ、とのこと。
まぁ、急に重いものを持つとかなら分からなくもないけど
そうでないなら、誰でも、とはいってもなりそうな年代は人により
差があるんではないかと。
70代、とかならたしかになりそうだけど。
[PR]
by rip30x | 2005-05-30 01:00 | 暮らし

Hey! Bluesman

ZはSATY内の映画館でみたのですが、開始までにぶらぶらしてたら
ヴィレッジ・バンガードを見つけました。
こんなとこに

ケルアックの本はあったけど「路上」はなかった。
けど「Hey! Blueman」を見つけ、買ってしまいました。
昼飯どきにモーニングで時たま読んでて結局どうなったか
気になっていたんだよなぁ、そういえば。

50過ぎのBLUES BANDのラストツアーの話しなんだけど
売れなくても体にガタがきてもBLUESという音楽に拘って
貫き通すBANDの人たちをはじめとして
地方とかの小さなライブハウスをなんとかやっていって
音楽の芽を育てようとする人
レコード会社に勤める、とかく利益優先でいたけれど
最終的には会社から切り捨てられた人
一曲大ヒットしたが、その後段々落ちぶれていくなかで
ヒットした曲と同じような曲ばかり書き続け、それが認められず
遂には自殺した人
そしてそんな同胞をみてしまったがために、音楽を金に変えることから
降り、漁師をしながら音楽を続けた人

まぁ、ある程度意志を貫けば満足はできなくても後悔はある程度したとしても
納得できる生き方にはなるのかな。

この本はB.B.キングとかマディ・ウォーターズとか実在したBLUES MANの
エピソードも載っていたりします。
自分はB.B.キングのライブ盤しか持ってはいないけれど(笑)
[PR]
by rip30x | 2005-05-29 01:00 | 漫画

星を継ぐ者

封切された劇場版Zガンダム、観にいきました。
別に初日じゃなくてもよかったんだけど、どうも待ちきれず。。。
レイトショー前の回でみれないかなと行ったはいいが売り切れ。
前のほうしかなかったけどレイトショー分は僅かに残っていたので
それで観ることにしました。
まぁでもレイトショーの方が安いのでよかったかも。

若いヒト(大学生くらいとか)がほとんど見当たらないように思えたのは
気のせいか・・・
親子づれもいました、好きですね、皆。

アムロは好きなんですが(情けないとこも含め)、実はカミーユって
好きじゃないんです。。。

中味に関わることなので、これから観に行く方はここを見るの控えておいた方がよいかと。
[PR]
by rip30x | 2005-05-28 01:00 | TV・映画

赤城の白い彗星

「頭文字(INITIAL)D」にはそんな通り名をもつ人物が現れます。
高橋涼介というヒト。
ガンダムに出てくるあのヒトをもじったものだと思ってしまうのは
ワタクシだけでしょうか(笑)

「頭文字(INITIAL)D」これは一時期ハマって集めてたんだけど、
あるときから買わなくなって、また最近続きを買い始めてます。
ハチロク(スプリンタートレノ)という古い型の車で(主には)かなり
最新の高性能車をダウンヒル(山の下り)の競争で勝ってしまうんだけど
それがただ単に絵空事ではなく、ちゃんとした車の整備や
相当に磨き上げられたテクニック(技術)があれば理論上は可能で、
その辺が納得できるところがいいなと。
まぁ、動体視力がセナ並でないと、みたいなところもありますが
セナは実在してた訳だし。

普段はパワーではなくコーナーリングテクニックとかで勝つわけだけど
軽のオープンスポーツ、カプチーノとの勝負の時もあって
そのときは最終的にはパワーで勝つのだけれど
コーナーリングでは負けてて、「勝った気がしない」などというのも、
またいいなと。
[PR]
by rip30x | 2005-05-27 01:00 | 漫画

野方WIZホール

のときのVIDEOが送られてきました。
改めてみてみると、確かによく鳴っていたなぁ、と。
JC-50でスピーカー一個でコーラスOFFにしてるにも拘わらず
直に聞くとシュワシュワ鳴っていたのに。

PAもよかったのかもしれないですが
やはりホール自体のよさが一番だったのかな。
[PR]
by rip30x | 2005-05-26 01:00 | 音楽な話

悪魔のZ

「湾岸MIDNIGHT」最近ハマって買い集めてます。
古本屋で1冊100円で買ったのがきっかけ
前はたまに漫喫とかで読んだりしたこともあったのだけれど。

「悪魔のZ」と呼ばれる古い型(S30Z)のフェアレディZという車
その車を少しずつ解っていこうとし、その特色を磨き上げていこう
とする付き合い方(ドライバーだけでなく回りの人間も)なんかを
はじめとして、変に群れず周りに無理に合わせるではなくひとりひとり
それぞれが自分で正しいと思ったことを信じていき、
でも波長が合ったときや必要なときには集うとか一対一で向き合うとか、
アナログなキャブ制御に拘るのはダイレクトなフィールを残したいからで
それが更に磨かれるのなら点火系にデジタルなCPU制御を使うとか
そういったカンジが肌にあったり。
それと、仕事をするということ。
当たり前のことをちゃんと手順を踏み、キチンと手間をかけてこなしていく
ただ、それが見た目や数字に表れにくいと評価してもらいにくいのだけれど、
それをちゃんと認めてもらい報酬をいただく、またそれを受け取るというのは
どういうことかとか、そういった積み重ねが技術を磨いていくことだとか。

見た目や数字に表れにくいがキチンと手間をかけてこなしている点を
どういうようにすれば認めてもらえるか、またそのためにはちゃんとした
手間をかけていかなければならないこと、この辺のところは最近特に
強くなっている仕事の個人的テーマです。社外でも社内でも。
[PR]
by rip30x | 2005-05-25 01:00 | 漫画

ぎっくり腰

職場のひとが、通勤で自転車に乗ってたら突然ぎっくり腰になった
との話しが。
急に重いものを持ったりしたとかではなく。
自分より若いのですが、なってしまうの分からなくもない
二度買いに行くの面倒だからという理由で一度に2つ買うような
歩くの面倒くさがるひとなので。

ぎっくり腰になるとホントに歩くの困難になるようで
からだの要という字を「腰」とするなんて、昔のひとはよく考えたな、と。
[PR]
by rip30x | 2005-05-24 01:00 | 暮らし

個展

絵の個展というのに、初めて行きました。
(経験値はあがるのだろうか・・・)
どうふるまっていいものか、よく分からず
また、綺麗な方だったので緊張してたかもしれないです。
スキャンという言葉がその時出てこず
「コピー機のようなもの」といってしまったりして・・・

でも、個展開くなんて頑張ってるなととても感心しました。
子供の姿を絵にして残す、というのもいいなと思いました。
[PR]
by rip30x | 2005-05-23 01:00 | 暮らし

若かりし頃

さるバンドのライブを観にいったら、なんとも(自分にとっては)
懐かしいカバーをやってました。
自分がギターもつ(そのときはアコギ)きっかけとなったアーティストです。
なのでそこそこ思い入れもあったり。

今まで聴いたなかで一番インパクトのある聴き方だったのは、池袋を歩く
モノクロの映像と共にアコギと歌だけの演奏で聴いたときでした。

そういえば高校のとき、学校でそのアーティストのレコードを音楽室で
聴いたことがあります。
週一回、レクリエーションという時間があって(自習みたいなものかな)
あるとき、そのレクリエーションの時間に音楽の先生が突然入ってきて
「今日は音楽聴く時間じゃなかったの」と怒って、そして出て行きました。
その日、たまたまクラスメートに貸してたそのアーティストのレコードが
返ってきてて学校にあったのです。
そこで「これ聴きに行く?」と三、四人位で先生の後を追っかけて
「これ聴いていいですか?」と聞くとOKが出たので、音楽室で聴きました。
四時間目だったのでそのまま昼休みまで突入して聴いてたと思います。
昼メシは早弁してたような気がします(笑)
[PR]
by rip30x | 2005-05-22 01:00 | 音楽な話
たまたまスタジオにて、3月のライブみた、という方に会いました。
よく覚えてたな、と。
MAXコーヒーの話ししてましたね、とその方はいってました。

あー、そういえば確かにしました
あー、でもいまみちともたかの話しをした方がよく覚えてます
だって「目を閉じておいでよ」なんてやってるバンドがいたんですもの
昔やったことあるから懐かしかったのですよ

それはさておき
配布物として最近用意してるBLOGに載せてるから
最近MCで話したりするけど、MAXコーヒー知ってる方に遭遇することが
結構あるような。
千葉と茨城にしかないはずだけど、何故か職場の北海道出身のひとも
知ってました、MAXコーヒー。
あんずアイスは知らなかったのにねぇ。
[PR]
by rip30x | 2005-05-21 01:00 | 暮らし