thirty-RIPのBLOG


by rip30x
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベティ・ブルーとdip

先日、BOOK OFFにてたまたまベティ・ブルーのビデオが
100円(税抜き)で売られているのを見て、買ってきてしまいました。

そもそもベティ・ブルーを最初に見たきっかけというのが
dipの「Love To Sleep」のイントロが、ベティ・ブルーの音楽から
とった、ということを知ったのがきっかけだったんだけど
ビデオレンタルして見たら、映像の色彩感覚にハマってしまい
好きな映画になりました。

で、あるときTSUTAYAでDVDを割りと安売り(NICE PRICE)してるのを
見かけたので買ってきたことがありましたが
見てみると、んー何か違う、こんな色彩感覚じゃなかったと思うけど
なんて少々がっかりして、それ以来ほとんど見ずに
しばらくしてから売ってしまったのです。

もしかしたら勘違いしていたかもしれないけれど、冒頭のシーンは
カメラアングルがビデオと違っていたり、モザイクが無かったりしたから
勘違いじゃなくて、多分DVD用に編集しなおしていたと思います。
そのせいで多分映像の色合いを変えていたんじゃないかな。


で、今回ビデオを入手して久々に見たら
「ああ、そうそうこういう色彩感覚だったよ」って割と夢中になって見れました。


それで、dipがこの映画のどこの部分の音楽を取り入れたかというと
ベティとゾークが向かい合ってそれぞれピアノを弾くシーンがあるのですが
そのシーンで流れるピアノ二重奏の音楽を
「Love To Sleep」という曲のイントロに使っているのです。
映画と違って男同士だけど、映画のようにヤマジさんとナカニシさんが
向かい合ってピアノを弾いて録ったそうです。

「Love To Sleep」を最初に聴いたときはベティ・ブルーなんて知らなくて
そもそもこの曲は元々こういうものだ、として聴いていたんだけど
ベティ・ブルーを知った後はびっくりしました。
だってとても自然に取り入れられているんだもの。
ベティ・ブルーで流れたピアノのイントロに続いて、ギターのアルペジオが入る
というアレンジになっていて、その取り込み方のセンスが
素晴らしいです。
凄いねぇ、ヤマジさん。
b0003046_322858.jpg
と、いうことで写真は
左が今回入手した
ベティ・ブルーのビデオ
右が「Love To Sleep」が
入っているdipのアルバム
「Love To Sleep」です。
[PR]
by rip30x | 2008-11-27 02:59 | TV・映画

NANAMIライブ in 西千葉ZX

昨日は、NANAMIのワンマンライブを観に、西千葉ZXへ行きました。
無料ワンマンライブ、ってこともあってか
学校帰りの高校生が結構いっぱいいたなぁ。。。
制服のまんまライブハウスに来てるんだもん。

そんなことも想定してなのか、ドリンクはソフトドリンクがメインのようでした。


まずはアコースティック編成でのライブを30分ほど。
ギターはアコギで、ドラマーはカホンを叩いてました。
このカホンの音がちょっと不思議だったなぁ。
面の真ん中を叩いたときは、バスドラっぽい音がして
箱の縁を叩いたときは、スネアのリムショットみたいな音がしてたもの。
あれ、これカホンの音?打ち込みなの?なんて最初思ったり…(失礼!)
カホンのなかにマイク突っ込んでいるんだろうか?
不思議でした。
そういえば、カホンの音って、アコースティックなライブハウスでしか
聴いたことがないや。
そのときは大体そのまま生音を聴いてたりしたような気がする。
そして、ベースとキーボードはバンドのときと同じエレクトリック。

で、アコースティックタイムでは2曲ほどカバーも披露。
MR.BIGの「TO BE WITH YOU」を演ってくれたのがよかったです。
この曲はたぶん彼ら(MR.BIG)の最大のヒット曲だと思います。
とはいっても、もう十何年も前の話だなぁ。。。
ただ、アコギでのギターソロはやって欲しかったなぁ。
そんなに難しくないし、情感がこもっているソロだから。

で、その後休憩をはさんでバンドでの演奏。

スケールアップしてて、歌もうまくなってましたねー
久々に演った、というデストロイ(かな?)がかっこよかったです。
新曲の「ママチャリ」は、ちょっとユニークな曲かな。
この曲では、ギターにはワウ使って欲しかったな。
「クゥワー、ココクゥワー」なんて音がハマりそうで。


ちょっと気になったのが、ZXの出音。
NANAMIさんがシャウトしたとき、時々ですが耳がつーんとなる
感じがしたもの。
ああいう音だったかしら?
バンド全体での演奏の音はそんなに大きくなかったんですけどね。

そういえば、小さい子供もいました。(無論、親子連れです)
音はそんなに大きくないとはいえ、あんな小さい子供に
あんな音量で聞かせて大丈夫なんだろうか?
アコースティックなライブハウスのハコなら、まだわかるんだけどね。
とはいっても、結構平気そうでした。
あの子らは、Rockなひとに育つんかな。
[PR]
by rip30x | 2008-11-06 23:58 | 音楽な話
もう先週(先月ともいうかな)のことになりますが
先週の水曜(10/29)は、Thousands Birdies' Legsのライブを
観に吉祥寺のSTAR PINE'S CAFEへ行きました。

その日にあっ、そういえば今日ライブじゃなかったっけ、と思い出し
それに、吉祥寺のDISK UNIONにも行ってみたいし
何年も吉祥寺には行ってないし、ってことで行ってきました。

Thousands Birdies' Legsというバンドはちょっとジャジーな感じの
五人編成のバンドで、Voが寺尾紗穂さんです。
実は、寺尾紗穂さんのセカンドソロアルバム「御身」にワタクシ
参加させてもらったのです、最後の曲で。(もちろんギターで)
で、寺尾さんからこの日のライブにお誘い頂いてたんですね。
寺尾さんのソロライブはチケット早めに完売しちゃうそうで
なかなか観れないらしい…

そもそもは3年半ほど前、日吉Napに出演したとき、寺尾さんがソロで
対バンだったのがきっかけなんですが。


で、STAR PINE'S CAFEについて並んで順番待ちしていたら
自分の直前に都守美世さんがいてびっくり!
会うかもしれないとは思ってましたが、こんなタイミングいいところで会うなんてね。
都守さんは、詩、絵、彫刻、映像など色々やっている
マルチなアーティストです。
寺尾さんの曲にも詞を提供してます。
が、今は彫刻メインらしい。

そして、中に入ってちょこっと歩いていたら、寺尾さんのセカンドソロアルバムの
レコーディングのときお世話になったプロデューサーの方に会いました。
すぐ気づいてくれて、ありがたかったです。
一年半振りに会って、しかも会ったの数度しかないのに。


で、ライブなんですが、SAXとかチェロとかの生楽器があるせいでしょうか
音量は控えめで、落ち着いた感じの大人のコンサート、って感じでした。
曲調もジャズっぽい感じだったりしたしね。
お客さんはいっぱい、満員。

メンバー五人の他に、SAXやチェロや生ギターなどゲストが入れ替わり
立ち代り、といった感じでちょっと長丁場にもかかわらず
バリエーション豊かで飽きない構成でした。
ピアノとチェロなどの弦楽器のみの演奏で歌ったり、生ギターの演奏だけで
歌ったりなども。

最後は、この日出演した木蓮と共にそれぞれの持ち歌一曲ずつ演奏。

Thousands Birdies' Legs自体のライブはとても久々らしかった
ようですが、なんだか集大成、って感じがしました。
なーんていっても実はワタクシ、Thousands Birdies' Legsのライブを
観るのは初めてだったんですが(^^;)


一番印象に残った曲は、山谷に住んでいた人のことを歌った
「家なき人」という曲でした。
その山谷に住んでいた人と知り合ったのがきっかけで、この曲を書いたそう
ですが、その方はお亡くなりになったとのこと。合掌。


しかし寺尾さん、産後太りもなくスタイルよかったなぁ。
ワタクシも痩せないと。。。
そういえば、都守さんが
「昔、なるべくトマトだけにしてダイエット、なんていってたじゃないですかー」
なんていって、あれ、俺、都守さんにそんなこと
話したんだっけか、なんて。
いわれてみると、そういえば確かに二年位前かな、そんなこと
やって減量してたんだっけ。
(トマト、っていうのは矢吹丈の影響です(^^;))
先日の葬儀のときもそうだったけど、最近物忘れが激しいみたい。。。

なんて話をしてたりもしたのに、帰りラーメン食べてしまいました。
ホープ軒本舗のラーメン。
ほんと久々に食べました。
うまかったけど、量がちょっと多かったみたい。(ちなみに並です)
胃が小さくなったかなぁ。

---------------------------------------------------------------------------
(個人メモ)

 SAXっぽい雰囲気のトーン出すには、Wahとピッチシフター(3度上とか?)
 とリバーブをうまく使えば出せるかなぁ。そのうち試してみよ。
[PR]
by rip30x | 2008-11-05 23:09 | 音楽な話